魂を込めて誠実に人生と向き合う

今朝の経営者モーニングセミナーでは、岩田明子さんの御講話を聴かせていただきました。決して派手に自己アピールすることはないものの、深く自己を見つめ、丁寧に周囲を観察し、内面を耕しておられるお人柄が伝わってくる御講話でした。皆で研修を受講する際においても、同じメンバーで同じ研修を受ける機会は二度とない、したがって魂を込めて誠実に人生と向き合うことが大切であることを教えていただいきました。

苦難福門

今朝はZoomで(有)よしと代表取締役、大和絵師、吉本徹也氏の御講話を聴かせていただきました。
呉服の絵師として一時期は50人もの弟子がおられた吉本氏も、新型コロナウィルス流行に伴い個展の開催ができないという苦境に陥りました。
しかし、思うように制作、発表ができず苦しむ氏のもとに次々とありがたいご注文、ご縁が到来しました。
御講話の最後に、ミントの植木鉢を手に氏はおっしゃいました。
「害虫が葉の上に飛来するとミントは身を守るために芳香を発する。この芳香は遺伝子を活性化する作用を持つ。」
現在、経済活動、社会活動が停滞し、多くの方が本当に苦しい状況に追い込まれています。
ミントのようにこの苦難の時期こそ、潜在能力を発揮する機会としたいです。
そして、助けあいの心をもって、苦難福門としたいです。

普遍的な理性、倫理、道徳を学び、志を燃やし、使命を見出すことで環境に対して能動的に働きかけること

今朝のzoomによる、経営者モーニングセミナーでは、(株)四方継代表取締役の高橋剛志氏の御講話を聴かせていただきました。氏は高校中退後、徒手空拳で起業されました。原理原則を学び、それを実践する習慣をを守り続けることで、15年前にイメージした通りに事業を展開されてこられました。良い習慣を継続することの大切さを学ばせていただきました。現在、多くの人々が試練に直面しています。このピンチをチャンスに変えるためには、「普遍的な理性、倫理、道徳を学び、志を燃やし、使命を見出すことで環境に対して能動的に働きかけること」が必要です。.jpg

これまでの人生で最も嬉しいライン

以下のラインをいただきました。嬉しくて涙が止まりませんでした。これまでの人生で最も嬉しいラインかもしれません。「つげさんに保護司になっていただいて出逢えて心の底から良かったと思っています。
私はこれからも頑張っていくので応援してください
またどこかでつげさんに会えたらいいなって思います
短い間でしたが私のこと大事にしてくれて有難うございました。」

 

(写真は友人の版画作家小平彩見さんの作品です。).jpg

美味しいテイクアウト料理をスマートに受け取ることができるアプリPICKS

美味しいテイクアウト料理をスマートに受け取ることができるアプリPICKSを使い、別府にあるとんかつきりしまでランチを注文させて頂きました。アプリダウンロードから注文完了までわずかな時間しかかからず、指定した日時に出来立てのお料理を楽しむことができます。PICKS